実印とは?ハンコ知識

実印について分かりやすく紹介してます。

メインイメージ

実印とはどのようなものなのか

印鑑にはさまざまな種類があります。
その中でも実印とは、一番大切な存在であり、自分自身の証明となるものに使用することが多いものです。
実印とは、住民登録をしている市区町村、その他の市役所や役場に、自分の戸籍上の姓名を彫刻してある印鑑を登録申請し、受理されたもののことを言います。
実印として使用するためには、上記ステップをクリアしなければならず、クリアしていないものは実印として使用することはもちろん、認められないことになっています。

実印用としてせっかく立派な印鑑を作ったとしても、上記ステップをクリアしていなければ、実印として使うことができないのです。
反対に、100円ショップなどで買った印鑑であっても、住民登録している市区町村で印鑑登録を行うと、実印として使用することが出来るようになります。

実印は印鑑の中でも最も重要な役割を担い、法律上であったり、社会上の権利や義務などの発生に深く関与するものです。
そのため、印鑑の中には銀行印、認め印などがありますが、それらとの併用を避けるようにすることがおすすめです。
また、認め印のように家族共同で使用するようなことも避けた方が良いでしょう。

実印を登録する際には、姓名を彫刻しなければならないという決まり事はありませんが、出来れば、性と名の両方を彫刻した印鑑を登録することが良いと言われています。
世の中同姓同名の人はいますが、性と、名の両方を彫刻した印鑑を使用する方がより安全性が高まるからなのだそうです。
キャプチャ3
それほど実印とは重要な大切な役割を担うということを認識しておきましょう。

また、実印を捺印する時には、おすすめの実印ショップランキングの捺印する書類などの内容をしっかりと良く読んでから慎重に捺印することをおすすめします。
取り消しが効かない、ということがほとんどの書類などに実印を捺印することが多いので、取り扱いは慎重に慎重を重ねるくらいがちょうど良いでしょう。
普段から実印は大切に扱い、印鑑ケースなどに入れて大切に保管するようにしましょう。

http://www.85-art.com/

http://www.1hanko.jp/

http://www.jitsuin-ichiba.com/

アーカイブ

カテゴリー

Copyright© 2014 実印とは?ハンコ知識 All Rights Reserved.